ホンダという企業が飛躍的に大きくなったのはアメリカ市場での販売に依るものが大きいと思います。

アコードを代表とする中型セダンで、販売台数も多いです。

しかし、こんなコンパクトカーも一応は販売されるようです。

日本名と同じくフィットの車名で販売されています。

ヨーロッパではジャズと別車名が設定されていますが、日米はともにフィット。

スポーツイメージが強いホンダですが、近年は多人数乗車のミニバンも力を入れています。

しかし、アメリカではBセグメント車はあまり、人気がありませんね。

小さくてもシビックのCセグメントを選択する消費者が多いようです。

ニューヨーク国際オートショーでは新型車としての扱いですが、あまり人気がありません。

報道もされることは少なそうです。

ホンダブース自体があまり人がいませんね。

アメリカで日本車はよく走っているのですが、派手ではなく憧れの存在でもない。

一部のスポーツ車を除いていは生活車というイメージではないでしょうか。

こちらのアコードが米国での標準的な日本車のポジションですね。

トヨタのカムリや日産のアルティマといったFFの中型セダンは、道幅や駐車場が広いアメリカでは人気です。

やはり大陸とあって、長距離移動の機会も多いので、揺れの少ないセダンが有利となる。

そして、ワゴンやスライドドアのミニバンなんかは、商用イメージが強いですから、一般顧客向けはセダンとなるのでしょう。

あまりガソリン代など気にしないイメージのアメリカですが、ハイブリッドエンジンは昨今の環境事情もあり注目されます。

ホンダのiMMDハイブリッドは中型車向けとあって、アメリカでの活躍も増えそうです。

自動車メーカー特徴まとめ

スズキ

パッケージングのフィット

スバルのレヴォーグが高速ドライブ

フィットの乗り心地はそれなり

ダイハツ

ダイハツのコペンが一番楽しい

フィットは燃費性能も良い

ホンダが小型車のリーダー

レクサスNXとハリアーを比較

Bセグメントで最も使いやすいフィット

センタータンクレイアウトの利点

フィットの世界戦略

米国での販売台数

アイドリングストップシステムは必要なのか

歴代フィットの比較